日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< ホルモンの研究結果 | 日本環境問題 | 環境破壊への取り組み >>

ホルモンの研究結果

ホルモンとは、本来、内分泌腺から血液中に分泌され、ごく微量で身体の生理機能に著しい作用を及ぼす物質を指します。環境ホルモンに対する明確な研究結果が出ていない以上、環境ホルモンについての具体的な対処があるわけではないのですが、化学物質は基本的に人体にとっては「異物」ですから、できるだけ化学物質を体内に入れないようにすることは、利益はあっても害はありません。どの国も、環境を破壊するような行為をすぐにやめることができれば環境問題はたちどころに解決するのです。これから、どのように皆が活動していくのかが環境に対する活動としての結果がでます。

今までの公害に対する活動はどの程度、実際に有効的に実施されてきているのでしょうか?資源有効活用促進法はご存知でしょうか?これも日本において重要な法律です。さらに今までの規制では対応していなかったものが規制される事になると思います。皆さんのできる活動を行う事が重要になって行きます。

規制物質はよのなかにどのくらいあるのかごぞんじですか?そしてどんな物があるのか?多くの化学物質からこちらを説明します。カドミウムです。汚染は、群馬県、石川県、兵庫県、秋田県、長崎県と続きます。カドミウム調査は現在でも勧められていますが、非常に大きな問題としてクローズアップされています。さらに、カドミウム中毒の症状は、大きくは々盞谿機↓骨軟化症、4梁‐祿欧任后まだまだ必要な規制もあります。これからの政府に期待です。
環境ホルモン

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/11
この記事に対するトラックバック
カドミウム中毒とは、イタイイタイ病が一番クローズアップされる病です。症状としては、?高血圧、?骨軟化症、?肝臓障害などが主です。原因は、カドミウムイオンが酸素内の物質と相互作用し、酸素の働きが阻害される事で引き起こされるようです。カドミウム毒性に対し...
カドミウム中毒とその毒性 | RoHS指令をやさしく解説 | 2006/11/12 9:26 PM

日本環境問題