日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 環境への意識変化 | 日本環境問題 | 環境問題と規制物質について >>

地域と行政の環境保全

環境標語とは、文字通り、環境を守るために作られた標語です。環境破壊の例としては、フロンガスなどによるオゾン層の破壊などがあります。さらに、環境アセスメントにおける環境要素は、大気・水・土壌環境、動植物・生態系の保全、景観、廃棄物や温室効果ガスの排出等で、それらについて事業者はアセスメントし、地域・行政との意見交換をし、環境保全の立場に立って考えていきます。日本人であるわたしたちも、できるだけ環境を壊さないライフスタイルを心がけたいものですね。

公害防止管理者について考えて見ましょう。これからの活動がどのように行われるのかが問題になりますね。そして、これからの環境活動では、個人から企業、そして政府まですべての分野において対応を迫られます。土壌汚染対策などの環境汚染対策としての効果が進むと良いと思います。

汚染といっても、何が問題であったのかを理解する必要があります。鉛について考えてみましょう。かつて、歯のカバーとして鉛を使用されていたこともあります。口の中に入れるという事は鉛規制がでている現状となってはとても考えられない事であり恐ろしいことです。また歯医者でつかう銀アマルガム合金のアレルギーについてよく言われいました。水銀毒性や水銀アレルギーに関しては今後も知識を高める必要があります。
よく考えて行動する必要性が高まっていくことでしょう。
環境問題を語る

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/16
この記事に対するトラックバック

日本環境問題