日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 地域と行政の環境保全 | 日本環境問題 | 環境アセスメントの活動 >>

環境問題と規制物質について

環境問題は、人間が河川や海、空気などを著しく汚すようになった産業革命の頃から顕著になってきました。標語の秀逸な例としては、「混ぜればゴミ、分ければ資源」というものがあります。環境保護は、人類が今後長きにわたって地球に住み続ける上で、必要不可欠な行為です。環境にたいするこれからの行為がこれからの子供たちの世界へ影響する事でしょう。

今までの生活の中で、意識して有害物質を排除する動きを見せている個人の方はどれだけいるのでしょうか?RoHS指令はご存知でしょうか?これも世界において重要な法律です。さらに今までの規制では対応していなかったものが規制される事になると思います。どれだけのことができるかはわかりませんが、努力すべきなのでしょう。

どのようなものに気をつけていれば、生活での心配を少なくできるのかご存知ですか?カドミウム毒性に関しては、イタイイタイ病を代表とする病気の症状をみても大きいです。非常に毒性の強い成分ですので、危険性が高いことはいうまでもありません。これからは、蛍光X線などに代表される検査機器を利用して分析して、規制物質が入っているかを判断する必要がでることでしょう。人為的な被害を失くす必要がありますね。 
化学物質について

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/17
この記事に対するトラックバック
RoHS指令での分析は、対応作業をしていれば必ず行う事になります。アロケーションの整備が行われていない企業では、特に行う事になります。それは、対応を行う中で対応作業に対応しきれない企業が多く、さらに独自の材料を使用している企業があるためです。RoHS指令への
RoHS指令対象の分析方法 | RoHS指令をやさしく解説 | 2006/11/12 9:14 PM

日本環境問題