日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 規制物質への取り組み | 日本環境問題 | 公害防止管理とPSEマーク >>

今後の化学物質への取り組みについて

環境汚染の話題の際、よく名前が挙がる化学物質の一つにダイオキシンがあります。現在、平成9年(1997年)6月の「環境影響評価法公布」により、この環境アセスメントが成立するということもありました。「京都議定書」のように、世界各国が少しずつ環境破壊をやめるような取り決めもなされるようになりました。現在、環境にたいする活動が積極的に行われてきているのは言うまでもないでしょう。

汚染に対してのこれからの生活の中での対処をどうすべきでしょう?MSDS制度などによる規制があります。これは「義務付けられた事業者が化学物質を提供する時には、取扱いや性質の資料を添付する」という制度です。これからは、多くのことに目をばることで、環境対応を行っていく事が必要になります。これによって、水質汚染、土壌汚染などが良い方向に向う事を願いたいです。

これからの活動はどのようなことをするべきかは、知っていなければいけません。多くの化学物質からこちらを説明します。カドミウムです。汚染は、群馬県、石川県、兵庫県、秋田県、長崎県と続きます。カドミウム調査は現在でも勧められていますが、非常に大きな問題としてクローズアップされています。それ以外にも木製パレット(木箱)について、環境省は25日、産業廃棄物処理法に基づき産業廃棄物に指定する方針を決めています。指定で分別収集を進めていくでしょう。よく考えて行動する必要性が高まっていくことでしょう。 
化学物質について

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/21
この記事に対するトラックバック

日本環境問題