日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 環境保護を21世紀に | 日本環境問題 | カドミウムイオンの毒性 >>

環境を壊さないライフスタイル

環境アセスメント(環境影響評価)とは、事業者が事業を行う際に、事前にその事業が環境に及ぼす影響について調査・予測・評価し、公表した上で周辺住民や自治体の意見を参考にすることで、環境保全上望ましい事業を行う仕組みを指しています。
環境ホルモンの中でダイオキシン・PCB・ビスフェノールA・フタル酸エステル・ノニルフェニールなどがありますが、これらはあくまでも「内分泌系を撹乱する疑いがある」というだけであり、現時点では、人体における影響を裏付ける明確な実験結果が出ているわけではありません。
20世紀後半に至り、「このままでは地球は人間が住むことのできない星になってしまうかもしれない」というところまで、環境汚染が進んでしまいました。
日本人であるわたしたちも、できるだけ環境を壊さないライフスタイルを心がけたいものですね。

人的被害が増えていることは皆さんご存知でしょう。
この対応をこれから考えていくべきといえます。
PRTR法の届出制度のようなものが現在でてきています。これは簡単に言ったら「対象の事業者でリストに載ってる物質を扱う業者は事業所から出す時報告する」制度です。これからは、多くのことに目をばることで、環境対応を行っていく事が必要になります。
皆さんのできる活動を行う事が重要になって行きます。

危険なものというのは、見かけでわかるものが全てではありません。成分を確認しなければわからないものもあります。カドミウムはご存知でしょうか。汚染状況は、汚染地域で多数の腎障害をもった人々が認められます。
日本の主なカドミウム汚染地域の場所とそこに住み健康影響の及んでいる可能性のある住民の数、そして汚染の程度を示す尿中カドミウム陽性(10μg/Cr以上)者率、などをみていくと、一番被害が大きいのが、富山県神通皮流域です。
汚染にかんする被害の対象者は、男性が3432人、女性が4099人となっており、甚大な被害が出た地域であるといえます。
やはり、企業が販売する製品に責任をもって管理していく必要があるといえます。良い世界が築かれるとよいですね。 
環境問題を語る

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/27
この記事に対するトラックバック
PRTR制度PRTR制度(ぴーあーるてぃーあーるせいど)は、どのような化学物質が、どこから、どのくらい、環境(大気・水域・土壌など)中へ排出されているか(排出量)、廃棄物などとして移動しているか(移動量)を把握し、集計・公表する仕組み。PRTRとはPollutant Rele
「PRTR制度」について | 環境用語 | 2007/02/09 4:08 PM

日本環境問題