日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 鉛除去によるハンダ | 日本環境問題 | 有害物質の排除 >>

ダイオキシンの問題

環境問題は、現在重要な問題として取り上げられています。
環境ホルモンというものの中では、として疑われている化学物質の代表例としては、ダイオキシン・PCB・ビスフェノールA・フタル酸エステル・ノニルフェニールなどがあります。
物を大切に使う、使い捨てのものはなるべく使わない、合成洗剤の使用はやめる、もしくはできるだけ控える等行うべき事は、個人においてもたくさんあります。
環境にたいするこれからの行為がこれからの子供たちの世界へ影響する事でしょう。

土壌汚染などの危険にさらされた人たちの苦しみを理解した人たちは、日本中にどの程度いるのでしょう?環境にたいする規制が多くの分野で出てきています。
それはごく自然な流れだと思います。そして、この活動の重要さがまた次に起きる環境規制により騒がれる事となるでしょう。
もし、問題があれば今までの活動を見直すタイミングとしては良いと思います。

ホルモンとは、本来、内分泌腺から血液中に分泌され、ごく微量で身体の生理機能に著しい作用を及ぼす物質を指します。
環境ホルモンへの意識があがったためでしょう。
そして、悪い意味で有名になった化学物質のダイオキシンは、塩素を含む物質が不完全燃焼した際に発生する物質で、本来は意図的に作られる物質ではありません。
さらに、化学物質のダイオキシンというものでは、ポリ塩化ジベンゾパラダイオキシン(PCDD)および、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の総称で、「史上最強の毒性物質」といわれています。環境保護のための行為一つ一つはごく小さなことですが、毎日のみんなの積み重ねが、環境保護にとって、とても大きな効果をもたらします。

これからの活動はどのようなことをするべきかは、知っていなければいけません。ダイオキシンについて考えて見ましょう。

塩素を含むプラスチック類などの人工有機化合物が不完全燃焼した結果、ダイオキシンが発生しています。さらにカドミウムめっき(メッキ)というものは有害物質とされるカドミウムを使用するため、転換期を迎えてきています。
良い世界が築かれるとよいですね。 
化学物質について

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/31
この記事に対するトラックバック

日本環境問題