日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 環境アセスメントの事業者 | 日本環境問題 | 個人の生活の中で出来ること >>

環境汚染の種類

環境破壊は、人類が自然環境に手を加えて生活の糧を得ている以上は避けて通れない問題です。
現在、対策として環境影響評価法は平成11年に施行され、道路・鉄道・河川・土地区画整理・廃棄物処理などに携わる事業者は、開発地の環境要素についてアセスメントすることが義務付けられました。
どの国も、環境を破壊するような行為をすぐにやめることができれば環境問題はたちどころに解決するのです。
日本人の私たちが活動する対策によって、これからの日本の子供たちが大人になった時の世界に影響する事でしょう。

土壌汚染などの危険にさらされた人たちの苦しみを理解した人たちは、日本中にどの程度いるのでしょう?
MSDS制度などによる規制があります。
これは「義務付けられた事業者が化学物質を提供する時には、取扱いや性質の資料を添付する」という制度です。
また、JGPSSI(グリーン調達共通化協議会)などの多くの企業があつまって活動する環境団体があります。
土壌汚染対策などの環境汚染対策としての効果が進むと良いと思います。

環境汚染はどのようなものがあるのかご存知ですか?
まずはそこが重要です。カドミウムはご存知でしょうか。
汚染状況は、汚染地域で多数の腎障害をもった人々が認められます。
日本の主なカドミウム汚染地域の場所とそこに住み健康影響の及んでいる可能性のある住民の数、そして汚染の程度を示す尿中カドミウム陽性(10μg/Cr以上)者率、などをみていくと、一番被害が大きいのが、富山県神通皮流域です。
汚染にかんする被害の対象者は、男性が3432人、女性が4099人となっており、甚大な被害が出た地域であるといえます。
そしてカドミウムの毒性は毒性を発揮する原因としては、カドミウムイオンが酸素内の物質と相互作用を起こし、酸素の働きが阻害される事が原因と考えられています。
難しい問題ではありますが、意識する必要があります。
環境汚染について

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/38
この記事に対するトラックバック

日本環境問題