日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 環境汚染の種類 | 日本環境問題 | 環境影響評価としての活動 >>

個人の生活の中で出来ること

環境問題とは、人間が産業のために自然に手を加えて生態系を破壊することによって、逆に人間が生きていけないような環境をつくってしまうことです。
環境ホルモンというものの中では、として疑われている化学物質の代表例としては、ダイオキシン・PCB・ビスフェノールA・フタル酸エステル・ノニルフェニールなどがあります。
20世紀後半に至り、「このままでは地球は人間が住むことのできない星になってしまうかもしれない」というところまで、環境汚染が進んでしまいました。
環境標語を使っても、多くの人に、環境保護を押し付けることなく、自然に意識してもらえる助けになる事もできます。

公害に対して日本はこれからどのうように対処するべきでしょうか?
仕事をする中でも、個人で生活する中でも、多くの環境規制がでてきています。
また企業においてもこれからの製品設計をリサイクルできるようにする、規制物質をつかわないようにするなどの活動が行われています。
これから多くの規制が出ると思いますが、対応する努力をするべきなのでしょう。

どのようなものに気をつけていれば、生活での心配を少なくできるのかご存知ですか?
カドミウムはご存知でしょうか。
汚染状況は、汚染地域で多数の腎障害をもった人々が認められます。日本の主なカドミウム汚染地域の場所とそこに住み健康影響の及んでいる可能性のある住民の数、そして汚染の程度を示す尿中カドミウム陽性(10μg/Cr以上)者率、などをみていくと、一番被害が大きいのが、富山県神通皮流域です。
汚染にかんする被害の対象者は、男性が3432人、女性が4099人となっており、甚大な被害が出た地域であるといえます。
やはり、企業が販売する製品に責任をもって管理していく必要があるといえます。
企業の不注意は人災にあたります。
対応を強めてもらいたいものです。
環境問題を語る

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/40
この記事に対するトラックバック
九州・沖縄情報
ホタルから環境保護学ぶ | 九州・沖縄情報 | 2007/02/25 9:48 PM
スポーツ応援するぞ!
【F1】Honda、地球をイメージした新マシンカラーリング発表! | 浅田真央、安藤美姫、松坂大輔スポーツ応援するぞ! | 2007/02/28 11:09 PM
九州・沖縄情報

日本環境問題