日本環境問題

日本環境問題

日本環境問題について考える。環境問題や汚染にたいしての対策を検討するサイト。

疲れた体の為、自宅で一杯どうですか?

⇒⇒ 今週の日本酒・焼酎ランキング
⇒⇒⇒⇒⇒ 今週のビールランキング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
<< 個人の生活の中で出来ること | 日本環境問題 | PRTR法などの規制 >>

環境影響評価としての活動

環境アセスメント(環境影響評価)とは、事業者が事業を行う際に、事前にその事業が環境に及ぼす影響について調査・予測・評価し、公表した上で周辺住民や自治体の意見を参考にすることで、環境保全上望ましい事業を行う仕組みを指しています。
例としては、フロンガスなどによるオゾン層の破壊などがあります。
さらに、化学物質のダイオキシンというものでは、ポリ塩化ジベンゾパラダイオキシン(PCDD)および、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の総称で、「史上最強の毒性物質」といわれています。
これから、皆さんがどのように活動するかが、今後重要となっていきます。

公害防止管理をする事でこれからの汚染に対して有効的な活動ができる事でしょう。
PRTR法などによる化学物質による規制がでてきています。
またグリーン調達などの企業活動における活動も現在は、強く行われています。
これによって、水質汚染、土壌汚染などが良い方向に向う事を願いたいです。

これからの活動はどのようなことをするべきかは、知っていなければいけません。
カドミウム汚染について考えて見ましょう。
カドミウム調査の実態を語る中で、とくかく外せないのがイタイイタイ病です。カドミウム自体は腎障害を引き起こす事で良く知られていますが、腎炎などの様な糸球体障害ではなく、実は尿細管障害であることが大きな特徴なんです。
それ以外にも木製パレット(木箱)について、環境省は25日、産業廃棄物処理法に基づき産業廃棄物に指定する方針を決めています。
指定で分別収集を進めていくでしょう。未来に対しての活動を行いたいものです。
環境アセスメント

スポンサーサイト

-

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://environ.jugem.jp/trackback/41
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/01/25 4:07 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/02/25 9:10 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/09 9:42 AM

日本環境問題